News

連続公開講座・第5回「緩和医療の現場におけるグリーフケア」

主催:NPO法人仙台グリーフケア研究会/佐藤利憲研究室(福島県立医科大学看護学部)

2016年12月4日(日)当会並びに佐藤利憲研究室主催による「7人の専門家・実践家からグリーフケアを学ぶ」の第5回、「緩和医療の現場におけるグリーフケア」を開催いたします。

「グリーフケアの担い手養成講座第2期」の開講に伴い、養成講座各回の午前中を一般の皆様にもご参加いただけるようにした「7人の専門家・実践家からグリーフケアを学ぶ」を開催しておりますが、その第5回目、当会代表の滑川明男、爽秋会岡部医院訪問看護ステーション看護師 及川奈保美、光ヶ丘スペルマン病院緩和ケア内科病棟 牛坂朋美らによる「緩和医療の現場にけるグリーフケア」をご案内いたします。この連続講座は、グリーフケアに興味のある方でしたらどなたでもご参加いただけます。
 
地域で、職場で、そして家庭でも必要とされているグリーフケアの知識。ご興味のある方はぜひこの機会にご参加下さい。 
 
案内チラシ→ LinkIconこちら
 
主催:NPO法人仙台グリーフケア研究会

会場
仙台市立病院会議室

仙台市太白区あすと長町1丁目1−1

地図はこちら

対象
:グリーフケアに関心のある方でしたらどなたでもご参加できます。
参加費
一般:3,000円、個人・法人会員:1,000円
申込締切
講座の2 日前まで
申込
下記へ電話またはメールにてお申し込み下さい。メールでお申込をされる際は、件名に「12月4日公開講座申込」とし、本文に「氏名」「ご職業又はご所属」「電話番号」を明記の上、お申込をお願いいたします。お電話でのお申し込みの際は、同様の内容をお伺いいたします。
グリーフケアの担い手養成講座第2期に関するお問い合わせ・ご相談等も随時受け付けております。
申込、お問い合わせ
NPO法人仙台グリーフケア研究会
メール griefoffice@gmail.com
電話  070-5548-2186

連続公開講座・第4回「トラウマとグリーフ」

主催:NPO法人仙台グリーフケア研究会/佐藤利憲研究室(福島県立医科大学看護学部)

2016年11月12日(土)当会並びに佐藤利憲研究室主催による「7人の専門家・実践家からグリーフケアを学ぶ」の第4回、「トラウマとグリーフ」を開催いたします。

「グリーフケアの担い手養成講座第2期」の開講に伴い、養成講座各回の午前中を一般の皆様にもご参加いただけるようにした「7人の専門家・実践家からグリーフケアを学ぶ」を開催しておりますが、その第4回目、国際医療福祉大学大学院臨床心理学専攻准教授、白井明美先生による「トラウマとグリーフ」をご案内いたします。この連続講座は、グリーフケアに興味のある方でしたらどなたでもご参加いただけます。
 
講師の白井明美先生は、武蔵野大学大学院人間社会・文化専攻博士課程を修了し、東京都青少年センター相談室、横浜市教育総合相談センターにて、思春期・青年期の心理療法、学校コンサルテーションに携わり、国立精神・神経センター精神保健研究所成人精神保健部流動研究員としてPTSD、複雑性悲嘆等の臨床研究を行っておられます。
 
地域で、職場で、そして家庭でも必要とされているグリーフケアの知識。ご興味のある方はぜひこの機会にご参加下さい。 
 
案内チラシ→ LinkIconこちら
 
主催:NPO法人仙台グリーフケア研究会

会場
仙台市医師会館5階研修室

仙台市若林区舟丁64−12

地図はこちら

対象
:グリーフケアに関心のある方でしたらどなたでもご参加できます。
参加費
一般:3,000円、個人・法人会員:1,000円
申込締切
講座の2 日前まで
申込
下記へ電話またはメールにてお申し込み下さい。メールでお申込をされる際は、件名に「⚪︎月⚪︎日公開講座申込」とし、本文に「氏名」「ご職業又はご所属」「電話番号」を明記の上、お申込をお願いいたします。お電話でのお申し込みの際は、同様の内容をお伺いいたします。
グリーフケアの担い手養成講座第2期に関するお問い合わせ・ご相談等も随時受け付けております。
申込、お問い合わせ
NPO法人仙台グリーフケア研究会
メール griefoffice@gmail.com
電話  070-5548-2186

連続公開講座・第3回「大切な人を亡くした子どもへのサポート」

主催:NPO法人仙台グリーフケア研究会/佐藤利憲研究室(福島県立医科大学看護学部)

当会並びに佐藤利憲研究室主催による「7人の専門家・実践家からグリーフケアを学ぶ」の第3回、「大切な人を亡くした子どもへのサポート〜地域で寄り添い支えるために、私たちができること」を開催いたします。

「グリーフケアの担い手養成講座第2期」の開講に伴い、養成講座各回の午前中を一般の皆様にもご参加いただけるようにした「7人の専門家・実践家からグリーフケアを学ぶ」を開催しておりますが、その第3回目、当法人副代表の佐藤利憲による「大切な人を亡くした子どもへのサポート」をご案内いたします。この連続講座は、グリーフケアに興味のある方でしたらどなたでもご参加いただけます。
 
講師の佐藤利憲は、子ども・保護者のメンタルヘルスに関する支援、及び小中学校教師との医教連携を実践。2010年から仙台で東北発の子どもへのグリーフサポートを開始し、サポートプログラムの初代ディレクターを務めております。現在、プログラムディレクターのほか、子どもへのグリーフサポートを広めるための普及、啓発活動を全国で開催しております。
 
地域で、職場で、そして家庭でも必要とされているグリーフケアの知識。ご興味のある方はぜひこの機会にご参加下さい。 
 
案内チラシ→ LinkIconこちら
 
主催:NPO法人仙台グリーフケア研究会

会場
仙台市医師会館5階研修室

仙台市若林区舟丁64−12

地図はこちら

対象
:グリーフケアに関心のある方でしたらどなたでもご参加できます。
参加費
一般:3,000円、個人・法人会員:1,000円
申込締切
講座の3日前まで
申込
下記へ電話またはメールにてお申し込み下さい。メールでお申込をされる際は、件名に「⚪︎月⚪︎日公開講座申込」とし、本文に「氏名」「ご職業又はご所属」「電話番号」を明記の上、お申込をお願いいたします。お電話でのお申し込みの際は、同様の内容をお伺いいたします。
グリーフケアの担い手養成講座第2期に関するお問い合わせ・ご相談等も随時受け付けております。
申込、お問い合わせ
NPO法人仙台グリーフケア研究会
メール griefoffice@gmail.com
電話  070-5548-2186

連続公開講座・7人の専門家・実践家からグリーフケアを学ぶ

主催:NPO法人仙台グリーフケア研究会/佐藤利憲研究室(福島県立医科大学看護学部)

当会並びに佐藤利憲研究室主催による「7人の専門家・実践家からグリーフケアを学ぶ」を開催いたします。

「グリーフケアの担い手養成講座第2期」の開講に伴い、養成講座各回の午前中を一般の皆様にもご参加いただけるようにした「7人の専門家・実践家からグリーフケアを学ぶ」を開催いたします。この連続講座は、グリーフケアに興味のある方でしたらどなたでもご参加いただけます。
 
死は誰にでも起こるもの。現在、わが国では年間100万人以上の方が病気や事故、犯罪、災害、自死などでお亡くなりになり、500万人を超える方がご遺族となっています。誰もが体験する、かけがえのない人との別れ。そんな悲しみを抱えるご遺族と、私たちはどのように接していけばよいのでしょうか。そして私たちはそのような悲しみを、どう乗り越えれば良いのでしょうか。
 
地域で、職場で、そして家庭でも必要とされているグリーフケアの知識。ご興味のある方はぜひこの機会にご参加下さい。 
 
案内チラシ→ LinkIconこちら
 
主催:NPO法人仙台グリーフケア研究会

日時 テーマ / 担当講師

6/25
10:00-12:00 

悲嘆学・喪失学 
坂口幸弘(関西学院大学)

60

8/6
10:00-12:00 

スピリチュアルケア・宗教学
谷山洋三(東北大学)

60

9/10
11:00-12:00 

子どもへのグリーフサポート
佐藤利憲(福島県立医科大学)

60

11/12
10:00-12:00 

トラウマとグリーフ
白井明美(国際医療福祉大学)

60

12/4
10:00-12:00 

緩和医療現場におけるグリーフケア
滑川明男 他(当法人スタッフ)

60

1/14
10:00-12:00 

わかちあいの会の実際
黒川雅代子(龍谷大学短期大学部)

60

3/25
10:00-12:00 

ケアする人のケア
米虫圭子(京都産業大学)

60

会場
⑴仙台レインボーハウス

仙台市青葉区五橋2−1−15

地図はこちら

⑵仙台市医師会館5階研修室

仙台市若林区舟丁64−12

地図はこちら

※印は現在調整中です
対象
:グリーフケアに関心のある方でしたらどなたでもご参加できます。
参加費
一般:3,000円、個人・法人会員:1,000円
申込締切
各講座の3日前まで
申込
下記へ電話またはメールにてお申し込み下さい。メールでお申込をされる際は、件名に「⚪︎月⚪︎日公開講座申込」とし、本文に「氏名」「ご職業又はご所属」「電話番号」を明記の上、お申込をお願いいたします。お電話でのお申し込みの際は、同様の内容をお伺いいたします。
グリーフケアの担い手養成講座第2期に関するお問い合わせ・ご相談等も随時受け付けております。
申込、お問い合わせ
NPO法人仙台グリーフケア研究会
メール griefoffice@gmail.com
電話  070-5548-2186

講演会・喪失の哀しみを癒すために一番大切なこと

主催:NPO法人仙台グリーフケア研究会

NPO法人仙台グリーフケア研究会主催による一般講演会「喪失の哀しみを癒すために一番大切なこと」を開催いたします。

グリーフケア専門カウンセラーの井手敏郎先生をお招きし、一般講演会「喪失の哀しみを癒すために一番大切なこと」を開催いたします。
本講演会は、どなたでもご参加でき、参加費は無料です。

井手先生は、幼少時の大きな喪失体験をきっかけとし、国内をはじめ、アメリカ、ドイツで悲嘆支援やメンタルサポートを学んでいらっしゃいました。2015年からグリーフケアの学校を開催し、死別悲嘆を支えるプロのカウンセラーを育成されています。

グリーフケアにご興味のある方、ご自身の悲嘆を癒されたい方、この機会にご応募ください。

案内チラシ→ こちら

主催:NPO法人仙台グリーフケア研究会


日時
2016年5月28日(土)14:30~16:00
仙台市市民活動サポートセンター6階

仙台市青葉区一番地4-1-3

地図はこちら

講師
井手敏郎先生(グリーフケア専門カウンセラー、一般社団法人日本グリーフ専門士協会 代表理事、納棺師養成学校おくりびとアカデミー講師、JAAI(依存症回復機関)認定エリクソンヒプノシス・プラクティショナー)
対象
:どなたでもご参加いただけます
定員
:100名
参加費
無料
申込締切
5月27日(金)まで
申込
下記へ電話またはメールにてお申し込み下さい。メールでお申込をされる際は、件名に「5/28講演会申込」とし、本文に「氏名」「ご所属」「住所」「電話番号」を明記の上、お申込をお願いいたします。お電話でのお申し込みの際は、同様の内容をお伺いいたします。
グリーフケアの担い手養成講座に関するお問い合わせ・ご相談等も随時受け付けております。
申込、お問い合わせ
NPO法人仙台グリーフケア研究会
メール griefoffice@gmail.com
電話  070-5548-2186

医療現場で自死・自死未遂者に対応するためのセミナー

主催:NPO法人仙台グリーフケア研究会/平成27年度地域自殺対策強化事業補助金事業

NPO法人仙台グリーフケア研究会主催による「医療現場で自死・自死未遂者に対応するためのセミナー」を開催いたします。

当法人では、平成23年から医療の現場に従事する人を対象に「自死を減らすために医療者は何が出来るか」をテーマとしたワークショップを開催しております。

本年度は、泉谷クリニック院長の泉谷閑示先生をお招きし、参加者の皆様から、自死・自死未遂者とのかかわりの中での困りごとや感じていることを事前にお寄せいただき、その困りごとやお悩みにお答えする相談会形式のセミナーを開催いたします。

自死は医療者が向き合わなければならない問題。ぜひ多くの関係者のご参加をお待ちしております。

案内チラシ→ こちら

主催:NPO法人仙台グリーフケア研究会


日時
2016年2月21日(日)10時〜17時
会場
仙台市医師会館5階

仙台市若林区舟丁64−12

地図はこちら

講師
泉谷閑示先生(泉谷クリニック院長)/著書「『普通がいい』という病」(講談社現代新書)、「クスリに頼らなくても『うつ』は治る」(ダイヤモンド社)など多数
対象
:精神科医療に従事する方(医師、看護師、心理士、ケースワーカーなど)
定員
:50名
参加費
無料
申込締切
2月19日(金)まで
申込
下記へ電話またはメールにてお申し込み下さい。メールでお申込をされる際は、件名に「2/21自死研修会申込」とし、本文に「氏名」「ご所属」「電話番号」を明記の上、お申込をお願いいたします。お電話でのお申し込みの際は、同様の内容をお伺いいたします。
グリーフケアの担い手養成講座に関するお問い合わせ・ご相談等も随時受け付けております。
申込、お問い合わせ
NPO法人仙台グリーフケア研究会
メール griefoffice@gmail.com
電話  070-5548-2186

連続公開講座〜7人の専門家・実践家からグリーフケアを学ぶ〜

主催:NPO法人仙台グリーフケア研究会/佐藤利憲研究室(福島県立医科大学看護学部)

NPO法人仙台グリーフケア研究会・佐藤利憲研究室主催による連続公開講座、「7人の専門家・実践家からグリーフケアを学ぶ」を開催いたします。

2015年11月23日(月)から2016年5月22日(土)にかけ、連続公開講座「7人の専門家・実践家からグリーフケアを学ぶ」を開催いたします。

案内チラシ→ こちら

主催:NPO法人仙台グリーフケア研究会・佐藤利憲研究室(福島県立医科大学看護学部)


日時 テーマ / 担当講師

11/23
10:00-12:00 

悲嘆学・喪失学 
坂口幸弘(関西学院大学)

20

12/12
10:00-12:00 

スピリチュアルケア・宗教学
谷山洋三(東北大学)

60

1/9
11:00-12:00 

トラウマとグリーフ
中島聡美(国立精神・神経医療センター)

60

1/23
10:00-12:00 

緩和医療の現場で見るグリーフ
滑川明男(当法人・仙台市立病院)

20

2/28
10:00-12:00 

子どものグリーフ
佐藤利憲(福島県立医科大学)

20

3/26
10:00-12:00 

わかちあいの会の実際
黒川雅代子(龍谷大学短期大学部)

20

5/22
10:00-12:00 

マインドフルネス・支援者支援
瀬藤乃理子(甲南女子大学)

20

会場
⑴仙台レインボーハウス

仙台市青葉区五橋2−1−15

地図はこちら

⑵仙台市医師会館5階研修室

仙台市若林区舟丁64−12

地図はこちら

対象
:グリーフケアに関心のある方でしたらどなたでもご参加できます。
参加費
一般:3,000円、個人・法人会員:1,000円
申込締切
各講座の3日前まで
申込
下記へ電話またはメールにてお申し込み下さい。メールでお申込をされる際は、件名に「⚪︎月⚪︎日公開講座申込」とし、本文に「氏名」「ご職業又はご所属」「電話番号」を明記の上、お申込をお願いいたします。お電話でのお申し込みの際は、同様の内容をお伺いいたします。
グリーフケアの担い手養成講座に関するお問い合わせ・ご相談等も随時受け付けております。
申込、お問い合わせ
NPO法人仙台グリーフケア研究会
メール griefoffice@gmail.com
電話  070-5548-2186

未来を生きる子どもたちを育む〜自尊感情を育む視点と学び合いの教授法〜

地福寺出開帳両国回向院復幸支援基金事業/主催:NPO法人仙台グリーフケア研究会/共催:NPO法人子供グリーフサポートステーション/後援:宮城県教育委員会・仙台市教育委員会

NPO法人仙台グリーフケア研究会主催の研修会、「未来を生きる子どもたちを育む〜自尊感情を育む視点と学び合いの教授法」を開催いたします。

2015年11月21日(土)、教職員や子どもの教育に関わる方々を対象とした研修会「未来を生きる子どもたちを育む〜自尊感情を育む視点と学び合いの教授法」を開催いたします。

案内チラシ →こちら

地福寺出開帳両国回向院復幸支援基金事業
主催:NPO法人仙台グリーフケア研究会
共催:NPO法人子どもグリーフサポートステーション
後援:宮城県教育委員会・仙台市教育委員会


日時
2015年11月21日(土)13:00〜17:00
会場
一般財団法人みやぎ婦人会館

仙台市宮城野区榴ケ岡5番地 みやぎNPOプラザ3階

地図はこちら

対象
:幼稚園、小学校、中学校、高等学校、特別支援学校、養護教諭、スクールカウンセラー等の教職員
:大学、各種専門学校の教職員、学習塾、予備校等の職員、その他、子どもの教育に関わる方々
定員
30名
参加費
無料
講師
野々山 尚志先生
(愛知県公立小学校教諭/リメンバー名古屋自死遺族の会運営委員/所属学会:日本いのちの教育学会、日本理科教育学会)
申込締切
11月19日(木)定員になり次第終了いたします
申込
下記へ電話またはメールにてお申し込み下さい。メールでお申込をされる際は、件名に「11/21研修申込」とし、本文に「氏名」「ご職業又はご所属」「電話番号」を明記の上、お申込をお願いいたします。お電話でのお申し込みの際は、同様の内容をお伺いいたします。
申込、お問い合わせ
NPO法人仙台グリーフケア研究会
メール griefoffice@gmail.com
電話  070-5548-2186

子どもと共に考える「命の授業」〜「綴ること」は「生きる事」〜

地福寺出開帳両国回向院復幸支援基金事業/主催:NPO法人仙台グリーフケア研究会/共催:NPO法人子供グリーフサポートステーション/後援:宮城県教育委員会・仙台市教育委員会

NPO法人仙台グリーフケア研究会主催の研修会、「子どもと共に考える「命の授業」〜「綴ること」は「生きる事」〜を開催いたします。

2015年11月3日(火曜・祝日)、教職員や子どもの教育に関わる方々を対象とした研修会「子どもと共に考える『命の授業』〜『綴ること』は『生きる事』〜を開催いたします。

案内チラシ → こちら

地福寺出開帳両国回向院復幸支援基金事業
主催:NPO法人仙台グリーフケア研究会
共催:NPO法人子どもグリーフサポートステーション
後援:宮城県教育委員会・仙台市教育委員会


日時
2015年11月3日(火・祝日)13:00〜17:00
会場
仙台市市民活動サポートセンター4階 研修室5番

仙台市青葉区一番町4丁目1−3

地図はこちら

対象
:幼稚園、小学校、中学校、高等学校、特別支援学校、養護教諭、スクールカウンセラー等の教職員
:大学、各種専門学校の教職員、学習塾、予備校等の職員、その他、子どもの教育に関わる方々
定員
30名
参加費
無料
講師
制野 俊弘先生
(東松島市立鳴瀬未来中学校教諭/NHKスペシャル「命と向き合う教室〜被災地の15歳、1年の記録〜」)
申込締切
10月30日(金)定員になり次第終了いたします
申込
下記へ電話またはメールにてお申し込み下さい。メールでお申込をされる際は、件名に「11/3研修申込」とし、本文に「氏名」「ご職業又はご所属」「電話番号」を明記の上、お申込をお願いいたします。お電話でのお申し込みの際は、同様の内容をお伺いいたします。
申込、お問い合わせ
NPO法人仙台グリーフケア研究会
メール griefoffice@gmail.com
電話  070-5548-2186

大切な人を亡くした方を支援する「ボランティア養成講座」

NPO法人仙台グリーフケア研究会主催/NPO法人子供グリーフサポートステーション共催

NPO法人仙台グリーフケア研究会主催のボランティア養成講座を開催いたします。
この養成講座は当会のボランティア(ファシリテーター)としてわかちあいの会に参加できる方を対象としています。

2015年7月25日(土)・7月26日(日)の二日間、当会のボランティア(ファシリテーター)参加希望者を対象とした「ボランティア養成講座」を開催いたします。

案内チラシ → こちら

主催:NPO法人仙台グリーフケア研究会
共催:NPO法人子どもグリーフサポートステーション


日時
2015年7月25日(土)11:00〜17:00
2015年7月26日(日)9:30〜16:00
※本講座は2日間連続の講座です。
会場
仙台レインボーハウス

仙台市青葉区五橋2-1-15

地図はこちら

対象
:本会のプログラム(わかちあいの会)に参加できる方
定員
20名
参加費
7,000円(会員5,000円)
講師
西田正弘先生
(NPO法人子どもグリーフサポートステーション代表、あしなが育英会東北事務所所長)
滑川明男先生
(NPO法人グリーフケア研究会代表、仙台市立病院精神科医師)
申込締切
定員になり次第終了いたします
申込
下記へ電話またはメールにてお申し込み下さい。メールでお申込をされる際は、件名に「養成講座申込」とし、本文に「氏名」「ご職業又はご所属」「電話番号」を明記の上、お申込をお願いいたします。お電話でのお申し込みの際は、同様の内容をお伺いいたします。
申込、お問い合わせ
NPO法人仙台グリーフケア研究会
メール griefoffice@gmail.com
電話  070-5548-2186

グリーフケアのためのグリーフカウンセリング「語り直す糸口をどうみつけるか」

タケダいのちとくらし再生プログラム事業助成金事業/ 主催:NPO法人仙台グリーフケア研究会

NPO法人仙台グリーフケア研究会主催の研修会、「グリーフケアのためのグリーフカウンセリング『語り直す糸口をどうみつけるか』」を開催いたします。

講師は水野治太郎先生(麗澤大学名誉教授、千葉県とうかつ地区生と死を考える会代表)です。

2015年7月5日(日)にNPO仙台グリーフケア研究会主催の研修会、「グリーフケアのためのグリーフカウンセリング『語り直す糸口をどうみつけるか』」を開催いたします。

案内チラシ → こちら


タケダいのちとくらし再生プログラム事業助成金事業
主催:NPO法人仙台グリーフケア研究会


日時
2015年7月5日(日)10:00〜16:30
会場
仙台市立病院3階 第2会議室

仙台市太白区あすと長町一丁目1番1号

地図はこちら

対象
:グリーフケア、グリーフサポートに関心のある方
定員
50名
参加費
5,000円(会員3,000円)
講師
水野治太郎先生
(麗澤大学名誉教授、千葉県とうかつ地区生と死を考える会代表)
申込締切
7月3日(金)(定員になり次第終了いたします)
申込
下記へ電話またはメールにてお申し込み下さい。メールでお申込をされる際は、件名に「7/5研修会申込」とし、本文に「氏名」「ご職業又はご所属」「電話番号」を明記の上、お申込をお願いいたします。
申込、お問い合わせ
NPO法人仙台グリーフケア研究会
メール griefoffice@gmail.com
電話  070-5548-2186

臨床宗教師の視点から見た生と死

主催:NPO法人仙台グリーフケア研究会

NPO法人仙台グリーフケア研究会主催の一般講習会、「臨床宗教師の視点から見た生と死」を開催いたします。

講師の谷山洋三先生は、臨床死生学、仏教福祉学が御専門で、御著書に「仏教とスピリチュアルケア」編著(東方出版)、「スピリチュアルケアを語る」編著(関西学院大学出版会)ほか多数がございます。

2015年6月28日(日)にNPO仙台グリーフケア研究会主催の一般講演会「臨床宗教師の視点から見た生と死」を開催いたします。

案内チラシ → こちら

主催:NPO法人仙台グリーフケア研究会


日時
2015年6月28日(日)14:30〜16:00 (14:15受付開始)
会場
仙台医師会館5階

仙台市若林区舟丁64-12

地図はこちら

対象
:医療に関係する方、一般の方
定員
80名
参加費
無料
講師
谷山洋三先生
(東北大学大学院文化研究科准教授実践宗教学寄附講座、仏教看護・ビハーラ学会理事、日本スピリチュアルケア学会評議会、日本死の臨床研究会世話人、いのち臨床仏教者の会代表、臨床スピリチュアルケア協会代表代行、心の相談室理事)
申込締切
6月26日(金)(定員になり次第終了いたします)
申込
下記へ電話またはメールにてお申し込み下さい。メールでお申込をされる際は、件名に「6/28講演会申込」とし、本文に「氏名」「ご職業又はご所属」「ご所属先もしくはご自宅の住所、電話番号」を明記の上、お申込をお願いいたします。
申込、お問い合わせ
NPO法人仙台グリーフケア研究会
メール griefoffice@gmail.com
電話  070-5548-2186

医療現場で自死に対応するためのワークショップ~自死を減らす為に医療者が出来る事~

平成26年度宮城県自殺対策緊急強化事業補助金事業 / 主催:NPO法人仙台グリーフケア研究会

当法人では、平成23年から救急医療の現場と精神科医療の現場に従事する人を対象に『自死を減らす為に医療者は何が出来るか』をテーマとしたワークショップを開催しております。
本年度は、1/25:泉谷クリニック院長の泉谷閑示先生、3/22:国立精神・神経医療研究センターの松本俊彦先生をお招きし、『自死を減らす為に医療者が出来る事』をテーマとしたワークショップを開催いたします。
自死は、医療者が向き合わねばならない問題です。是非、多くの関係者のご参加をお待ちしております。 

2015年3月22日(日)にNPO仙台グリーフケア研究会主催のワークショップ「故意に自分の健康を害する人にどう向き合うかを考える」を開催いたします。
1月25日のワークショップは終了いたしました。

案内チラシ → こちら

平成26年度宮城県自殺対策緊急強化事業補助金事業
主催:NPO法人仙台グリーフケア研究会
後援:宮城県精神保健福祉センター、仙台市精神保健福祉総合センター(はあとぽーと仙台)、宮城県医師会、仙台市医師会、宮城県精神科医会、宮城県立精神医療センター、仙台市立病院、国見台病院(申請中)


日時
2015年3月22日(日)11:00〜17:00
会場
仙台市民活動サポートセンター6階

仙台市青葉区一番町四丁目1-3

地図はこちら

対象
:医療に関係する方(医師、看護師、心理士、ケースワーカー、救急救命士など)
定員
50名
受講料
無料
講師
松本俊彦先生(国立精神・神経医療研究センター)
申込締切
3月21日(土)(定員になり次第終了いたします)
申込
下記へ電話またはメールにてお申し込み下さい。メールでお申込をされる際は、件名に「3/22研修申込」とし、本文に「氏名」「所属」「電話番号」を明記の上、お申込をお願いいたします。
申込、お問い合わせ
NPO法人仙台グリーフケア研究会
メール griefoffice@gmail.com
電話  070-5548-2186

語りの中にその答えを見つけ出す〜ナラティブアプローチ入門〜

タケダいのちとくらし再生プログラム事業助成金事業/主催:NPO法人仙台グリーフケア研究会/後援:NPO法人子どもグリーフサポートステーション、NPO法人千葉県東葛地区「生と死を考える会」

日本のグリーフケアをリードする水野治太郎先生によるナラティブアプローチ入門。辛い喪失体験の語りの中には、失ったものと、その人が知らず知らずに受け取ったものがある。時にそれが贈り物として大切なものであり、希望を見いだす光であったりする。グリーフケアの基本である傾聴から一歩踏み出したナラティブアプローチの手法は、その人が喪失後の世界を生きていく為のお手伝いをする有力な方法です。

2014年12月14日(日)にNPO仙台グリーフケア研究会主催のワーク研修会「語りの中にその答えを見つけ出す〜ナラティブアプローチ入門」を開催いたします。

案内チラシ → こちら

タケダいのちとくらし再生プログラム事業助成金事業
主催:NPO法人仙台グリーフケア研究会
後援:NPO法人子どもグリーフサポートステーション、NPO法人千葉県東葛地区「生と死を考える会」


日時
2014年12月14日(日)10:00〜16:30
会場
財団法人みやぎ婦人会館3階第1研修室(1階みやぎNPOプラザ)

仙台市宮城野区榴ヶ岡5番地(TEL:022-299-4530)

地図はこちら

対象
グリーフケア、グリーフサポートに関心のある方
定員
50名
受講料
5,000円(会員:3,000円)
講師
水野治太郎先生(麗沢大学名誉教授、千葉県とうかつ地区生と死を考える会代表)
申込締切
12月10日(水)(定員になり次第終了いたします)
申込
下記へ電話またはメールにてお申し込み下さい。メールでお申込をされる際は、件名に「12月14日研修申込」とし、本文に「氏名」「所属」「電話番号」を明記の上、お申込をお願いいたします。
申込、お問い合わせ
NPO法人仙台グリーフケア研究会
メール griefoffice@gmail.com
電話  070-5548-2186

ワークショップ「自己の価値観と向き合う」〜教育の現場で生と死に向き合うために2014

善光寺出開帳両国回向院 復幸支縁基金事業/主催:NPO法人仙台グリーフケア研究会/共催:NPO法人子どもグリーフサポートステーション

「子どもへの寄り添い」、「生と死に向き合う授業実践」の前に自分自身を振り返る 〜 わたしたちの価値観ひとつで、話の聴き方や伝え方が変わる!

2014年9月27日(火)にNPO仙台グリーフケア研究会主催のワークショップ「自己の価値観と向き合う」を開催いたします。

案内チラシ → こちら

善光寺出開帳両国回向院 復幸支縁基金事業
主催:NPO法人仙台グリーフケア研究会
共催:NPO法人子どもグリーフサポートステーション
後援:宮城県教育委員会、仙台市教育委員会


日時
2014年9月27日(土)13:00〜17:00
会場
みやぎNPOプラザ

仙台市宮城野区榴ヶ岡5番地

地図はこちら

対象
幼稚園、小学校、中学校、高等学校、特別支援学校の養護教諭、スクールカウンセラー等の教職員
大学、各種学校の教職員、学習塾、予備校等の職員など、子どもの教育に関わる方々
定員
30名
受講料
無料
講師
藤原匡宣(いわてこころといのちを考える教育研究会副代表・浦安市青少年交流活動センター副館長)
申込
下記へメールにてお申し込み下さい。お申込をされる際は、件名に「9月27日研修申込」とし、本文に「氏名」「所属」「電話番号」を明記の上、お申込をお願いいたします。
申込、お問い合わせ
NPO法人仙台グリーフケア研究会
メール griefoffice@gmail.com
電話  070-5548-2186

ワークショップ「子どもの知りたい『生と死』の学び」

善光寺出開帳両国回向院 復幸支縁基金事業/主催:NPO法人仙台グリーフケア研究会/共催:NPO法人子どもグリーフサポートステーション

子どもが経験する死にどのように対応したら良いのでしょうか?
人間は、死とどう向き合ったら良いのだろうか?
〜生と死を共に考えたとき、いのちが感じられる〜

2014年8月5日(火)にNPO仙台グリーフケア研究会主催のワークショップ「子どもの知りたい『生と死』の学び」を開催いたします。

案内チラシ → こちら

善光寺出開帳両国回向院 復幸支縁基金事業
主催:NPO法人仙台グリーフケア研究会
共催:NPO法人子どもグリーフサポートステーション


日時
2014年8月5日(火)13:00〜17:00
会場
子どもグリーフサポートステーション

仙台市青葉区中央3-6-7 東日本建物仙台駅前ビル6階

地図はこちら

対象
子ども・若者の教育に携わる方
定員
30名
受講料
無料
講師
尾角光美氏(一般社団法人リヴオン代表)
申込
下記へメールにてお申し込み下さい。お申込をされる際は、件名に「8月5日研修申込」とし、本文に「氏名」「所属」「電話番号」を明記の上、お申込をお願いいたします。
申込締切
8月1日(金)16時まで
申込、お問い合わせ
仙台グリーフケア研究会
メール griefoffice@gmail.com
電話  070-5548-2186

精神科医療者のための自死未遂者対応研修会

平成25年度宮城県自殺対策緊急強化事業補助金事業、NPO法人グリーフケア研究会主催

『自死既遂ハイリスク=未遂者』への対応を学ぶ
精神科クリニックにおける自死未遂者への対応
精神科病院における自死未遂者への対応

2014年3月2日(日)にNPO仙台グリーフケア研究会主催「精神科医療者のための自死未遂者対応研修会」を開催いたします。

案内チラシ → こちら

平成25年度宮城県自殺対策緊急強化事業補助金事業
後援:宮城県、宮城県医師会、仙台市医師会、宮城県精神医療センター、仙台市立病院(いずれも申請中)


日時
2014年3月2日(日)10:00〜17:00
会場
宮城県建設産業会館

仙台市青葉区支倉町2-48

地図はこちら

定員
90名
受講料
無料
講師
粟田主一先生(東京都健康長寿医療センター)
泉谷閑示先生(泉谷クリニック)
大類真嗣先生(仙台市精神保健福祉総合センター)
申込
下記へメールにてお申し込み下さい。お申込をされる際は、件名に「3/2研修会申込」とし、本文に「氏名」「所属」「電話番号」を明記の上、お申込をお願いいたします。
申込、お問い合わせ
仙台グリーフケア研究会
メール griefoffice@gmail.com
電話  070-5548-2186

ワークショップ「教育現場で生と死に向き合うには?」

NPO法人グリーフケア研究会主催

2014年2月22日(土)にNPO仙台グリーフケア研究会主催のワークショップ「教育現場で生と死に向き合うには?」を開催いたします。

案内チラシ → こちら

共催:NPO法人子どもグリーフサポートステーション
後援:宮城県教育委員会、仙台市教育委員会、河北新報社、NHK仙台放送局、ミヤギテレビ、TBC東北放送、仙台放送、KHB東日本放送、朝日新聞仙台総局、毎日新聞仙台支局、読売新聞東北総局(申請中)


日時
2014年2月22日(土)13:00〜17:00
会場
子どもグリーフサポートステーション

仙台市青葉区中央3-6-7

地図はLinkIconこちら

対象
子ども・若者の教育に携わる方
定員
30名
受講料
無料
講師
尾角 光美(一般社団法人リヴオン代表)
申込
下記へメールにて 2月17日(月)までにお申し込み下さい。お申込をされる際は、件名に「2/22ワークショップ申込」とし、本文に「氏名」「所属」「電話番号」を明記の上、お申込をお願いいたします。
申込、お問い合わせ
仙台グリーフケア研究会
メール griefoffice@gmail.com
電話  070-5548-2186

医療者のための自死未遂者対応研修会

<受講に際してのご案内>

先にお知らせしております2013年12月15日(日)の「医療者のための自死未遂者対応研修会」受講に際しましてのご案内がございます。

当日の進行をスムースにし、研修会の内容を充実したものにしたいと考えております。受講お申込の皆様にはご一読いただき、ご協力をお願いいたします。


日時
2013年12月15日(日)
10;30 受け付け開始
11;00 ワークショップ開始
12:00〜13:00 昼食
17:00 修了
スムーズな進行のため、ご協力をお願いします。
会場
宮城県建設産業会館

仙台市青葉区支倉町2-48

駐車場は会館向かい自走式駐車場(1日800円)がご利用いただけます。
詳細は ホームページ をご参照下さい。
お知らせ
当日は、気軽な服装でお越し下さい。
昼食は各自ご用意下さい。
喫煙は、喫煙所をご利用下さい。
参考図書
『自傷行為の理解と援助 「故意に自分の健康を害する」若者たち』(松本俊彦著 日本評論社)
『救急医療における精神症状評価と初期診療 PEECガイドブック』(日本臨床救急医学会 へるす出版)
当日の連絡先
当日の急なご連絡は、080−3362−5612にお願い致します。

医療者のための自死未遂者対応研修会

仙台グリーフケア研究会主催

2013年12月15日(日)にNPO法人グリーフケア研究会主催「医療者のための自死未遂者対応研修会」を開催いたします。

後援:宮城県、宮城県医師会、仙台市医師会、宮城県精神医療センター、仙台市立病院(いずれも申請中)
案内チラシはこちら→案内チラシ


日時
2013年12月15日(日)11:00〜17:00
会場
宮城県建設産業会館

仙台市青葉区支倉町2-48

地図はLinkIconこちら

対象
医療従事者であればどなたでもご参加できます。
定員
90名
受講料
無料
講師
松本俊彦先生(国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所 自殺予防総合対策センター副センター長)
渋井哲也先生(ノンフィクションライター・ジャーナリスト)
内容
「自死既遂ハイリスク=未遂者への対応を学ぶ」
申込
下記へ電話かメールにて 12月6日までにお申し込み下さい。メールでお申込をされる際は、件名に「12/15研修申込」とし、本文に「氏名」「所属」「電話番号」を明記の上、お申込をお願いいたします。
申込、お問い合わせ
仙台グリーフケア研究会
メール griefoffice@gmail.com
電話  070-5548-2186

NPO法人仙台グリーフケア研究会記念講演会「大切な方を亡くすということ」

仙台グリーフケア研究会主催

2013年10月14日(月曜・祝日)にNPO法人グリーフケア研究会記念講演会「大切な方を亡くすということ」を開催いたします。

基調講演として埼玉医科大学国際医療センター精神腫瘍科教授の大西秀樹先生をお迎えし、「遺族外来の現場から」を予定しております。

案内チラシはこちら→案内チラシ


日時
2013年10月14日(月曜・祝日)14:00〜17:00
会場
仙台ガーデンパレス 4階(羽衣)

仙台市宮城野区榴ヶ岡四丁目 1-5(仙台駅東口より徒歩3分)

地図はLinkIconこちら

対象
どなたでもご参加できます。
講師
大西秀樹先生(埼玉医科大学国際医療センター精神腫瘍科 教授)
内容
基調講演『遺族外来の現場から』
大西秀樹先生
鼎談『グリーフに向き合って』
大西秀樹先生
西田正弘氏(NPO法人子どもグリーフサポートセンター理事長)
滑川明男氏(NPO法人仙台グリーフケア研究会理事長)
申込
申込は必要ありません。どうぞ会場へお越し下さい。
連絡、お問い合わせ
仙台グリーフケア研究会
メール griefoffice@gmail.com
FAX  022-214-7706

第2回グリーフサポート・ワークショップ開催のお知らせ

仙台グリーフケア研究会主催

10月6日(日)第2回グリーフサポート・ワークショップ「命を感じとる感性を研ぎすませ、物語化する」を開催いたします。

案内チラシはこちらです。→案内チラシ

講師の水野治太郎先生は、千葉県とうかつ地区生と死を考える会を20年に渡り主宰されており、ナラティブ(語る・語り直す力)アプローチをグリーフケアにもちこむことが効果的なサポートに繋がることを実践しておられます。

本ワークショップはナラティブ・アプローチの基本を学び、喪失体験者の「命の叫び」への感性を身につけることを目的とする、大変貴重な内容となっております。


日時
2013年10月6日 9時半受付開始 10時〜16時
会場
株式会社宮城県建設会館

宮城県仙台市青葉町支倉2−48(仙台市市役所近く)

地図はLinkIconこちら

対象
遺族支援・被災者支援に関わっている方、今後関わろうと思っている方
受講費
5000円

※ 当日会場受付でお支払い下さい。

定員
40名
講師
水野治太郎先生(麗沢大学名誉教授/千葉県とうかつ地区生と死を考える会代表)
内容
グリーフサポートにナラティブアプローチを用い、命への感性を高め、物語化するスキルを学びます。
申込期限
10月3日
申込方法
下記までメール又はFAXにてお申込み下さい。

件名を「第2回ワークショップ申込」とし、氏名、勤務先、ご職業、連絡先メールアドレス、電話番号を記入の上お申込み下さい。

申込先
仙台グリーフケア研究会事務局

メール griefoffice@gmail.com

FAX  022-214-7706

支援のためのコミュニケーション講座のお知らせ

JDGSプロジェクト・仙台グリーフケア研究会主催

9月1日にJDGSプロジェクト・仙台グリーフケア研究会主催の「支援のためのコミュニケーション講座」を開催いたします。

※申込終了いたしました。


案内チラシは こちら


日時
2013年9月1日 13時受付開始 13時半〜17時
会場
仙台市市民活動サポートセンター

宮城県仙台市青葉区一番町4−1−3

地図はこちら

対象
遺族支援・被災者支援に関わっている方、今後関わろうと思っている方
受講費
2000円

※ 当日会場受付でお支払い下さい。

定員
40名
講師
伊藤正哉(国立精神・神経医療研究センター)
内容
基本的な共感や関係作りのためのスキルトレーニング(初心者向け)
申込期限
締切日を過ぎましたが、まだ残席がありますので、どうぞお申込み下さい。
申込方法
下記までメールまたはFAXでお申込み下さい。

FAXによるお申し込みの場合は、氏名、勤務先、ご職業、連絡先メールアドレス、電話番号を、下記の申し込み用紙にご記入の上、下記のFAX番号までお送り下さい。

メールでのお申し込みの場合は、件名を「コミュニケーション講座申込」とし、氏名、勤務先、ご職業、連絡先メールアドレス、電話番号をメール本文、または申込み用紙に記入・添付にて、お申込み下さい。

申込用紙
こちらよりダウンロードしてください。

JDGSウェブサイトでも案内チラシと申込み用紙がダウンロードできます。

申込先
仙台グリーフケア研究会事務局

メール griefoffice@gmail.com

FAX  022-214-7706

第2回「悲嘆講座」開催のお知らせ

JDGSプロジェクト・仙台グリーフケア研究会主催

8月30日、31日にJDGSプロジェクト・仙台グリーフケア研究会主催の第2回「悲嘆講座」を開催いたします。
※定員となりましたので締め切りました。

案内チラシは こちら


日時
2013年8月30日(金)〜31日(土)

どちらか一日だけの受講も可能です。

会場
仙台市市民活動サポートセンター

宮城県仙台市青葉区一番町4-1-3

地図はこちら

対象
保健・医療・教育・心理・福祉等の専門職の方、遺族支援・被災者支援を継続的におこなっている団体・行政の方など
受講費
3000円

当日会場受付にてお支払い下さい。

定員
70名
内容と講師
8月30日
「中長期における災害後の遺族支援」  

黒川雅代子(龍谷大学短期大学部)

「喪失をかかえる家族の中の子どもたち」  

高橋聡美(つくば国際大学)

「遺族からのお話」
「自分の経験を振り返るワーク」   

米虫圭子(京都産業大学)

8月31日
「災害によるトラウマとそのケア:PTSDと複雑性悲嘆」

中島聡美(国立精神・神経医療研究センター)

「あいまいな喪失をかかえた家族への支援」

石井千賀子(ルーテル学院大学)

「セルフケア・リフレッシュ~共感性疲労への対応~」

瀬藤乃理子(甲南女子大学)

申込期限
定員となりましたので締め切りました。
お問い合わせ
仙台グリーフケア研究会事務局

メール griefoffice@gmail.com

FAX 022-214-7706

グリーフサポート研修会

6月22日(土)、23日(日)に当会主催でグリーフサポート研修会を開催いたします。

グリーフサポートの基礎から応用までを学ぶことができる2日間となります。

講師:麗澤大学名誉教授 水野治太郎先生
場所:ショーケー本館ビル(仙台市青葉区五橋2丁目11-1)
時間:22日(土)13:00開場、13:30分~17:00
   23日(日)9:30~16:00
参加費:3,000円
定員:30名(残りわずか)
対象: 被災者やご遺族の支援に携わっている方、ご遺族のケアに関心のある方、学生も可

※原則として2日間連続でのご参加が必要となります。

参加のお申し込みは、Eメールにて「お名前」「お電話番号」「職業」をお書きの上、
NPO法人仙台グリーフケア研究会事務局 griefoffice@gmail.com まで。


関連リンクなどLinkIcon